心配性は悪いこと?他人の励み、力になることができる?

自分で言うのもなんですが、自分は慎重でもあり、心配性です。

ただの心配性ではなくて、そこまで考えるか?と思われる様な悪いシナリオを想定しておいてまでの心配性だと思います。

 

心配性は悪いこと?

健康診断での心配

例えば、健康診断に行って、「要検査2」と診断が出ただけで、癌だったらどうしよう‥と深く深く考え込んでしまうのです。

再検査はもちろん早急に病院を予約して検査してもらいます。

 

で、結果が出るまでの数日間が長くて長くて、息が詰まりそうに鳴り時には何もかも覚悟をして自分がもし癌と言われたらと言うふうにまで追い込んでいるのです。

検査結果の当日はもちろん、それまでの日々もろくに食事も喉を通らず決まって、こう言う検査を受けた後に、体重が3Kgほど落ちます。こんなふうに痩せても嬉しくないものですね。

 

そして、検査結果当日は朝から足は震えて、心臓の動悸は止まらず、もう緊張状態が極限に達して医師から結果を聞きに行くのです。

「大丈夫でしたよ」医師からのこの言葉を聞いた瞬間に、パァっと苦しみから解放されて感激のあまり涙ぐんで看護師さんや先生と握手をして歓喜にしたるわけです。

 

こんな自分を知っている家族からは、心配している期間に倒れてしまうんじゃないかと心配されます。

こんなに心配性の人って他にいないのかなぁ?と思ったり、時には自分を強くしようと責めてみたり。

 

自分では悪い事だと思っていないのです。なぜならば、これが自分で他の人の様に楽観主義になれないところがあるからです。

自分を責める事で、しっかりしろ!と自分に気合を入れる意味もあります。

 

 

災害時の心配

心配性は時にはしんどくて、めんどくさくて、嫌がられて、うるさがられる事もありますが、
良い風に言い換えれば、細やかな配慮が出来てる部分があると褒められたことがあります。

それは、災害時に持ち出す避難袋を自分なりに作っておいてあるのですが、持ち出すには重さにも限りがありますよね。

 

でも、心配性の私が非常用持出袋を作ると、すごい量になるんです。そこを、工夫して、一箇所ではなくて、家の中に三ヶ所を家族の人数分を用意してあります。

車庫と物置にも1個ずつ、家族の人数分だけ用意してあります。

 

行政の避難訓練の時に、その点では防災アドバイザーの方にとても高く評価していただきました。

「少しやりすぎではないか」と言う人もいましたが、例えば自分たちが使用しなくても、他の避難して行く人に使うことができると言うことでした。

 

あとは私自身が、これだけの備えをしておく事で、気がすむと言うか安心すると言うか。それでも地震や災害などは起こらないでほしいと思っていますが。

もう一つ、自分の心配性でいつの間にかマイナススパイラルにはまってしまっていることが人間関係においても多々あります。

 

例えば、無料通信アプリラインについて、既読機能が本来ならば便利なはずなのですが、こちらから相手に送ったメッセージに対して、いつまで待っていても返事も含めて既読にならないと、ずっと気になって色々な事を考えてしまいます。

何かあったのかな?忙しいのかな?くらいなら良いのですが、何日も既読にならないと、
もしかしたら体調が悪くなって入院しているんじゃないか?ってすぐに思っちゃうんです。

 

例え体調が悪くてラインを見ていないとしても、自宅で休んでいると言う選択肢が浮かばないのです。

さすがに、この時は既読にならない相手に対して、心配が突っ走ってしまい電話をすると、キョトンとして、その後に絶句されました。呆れられた事もありましたが、中には数人ですが、
「そんなに心配してくれてたの!」と抱きしめてくれた友人もいます。

 

 

心配性は他人の励みに

こんな私ですから、友達が少ないのではないかと思われがちですが、自分ではずなのですがそんな風に感じていません。

なぜならば、心配性の私はいつの間にか、人の話を聞く事にとても親身になる様になっていました。

 

他人事だと思えないと言うか、恋愛で悩んでいる友人の事は本当に自分のことの様に思います。

親との関係がうまくいかない話とか、ご主人の浮気話とか、今まで相談に乗った話はたくさんあります。

 

どうして、こんな心配性の私にゆうじんは友人の相談してくるんだろう?

母に聞いた事があります。すると、「あんたの、心配性は悩んでいる人から見ると、一緒に考えてくれてる励みになるんと違うか?」と言われました。

 

そうなのか、母の言う事が本当だとしたら、こんな心配性の酷い自分でも人の力になれる事があるんだと少し、ほんの少しですが、できる事から始めてみようと思いました。

私自身の悩みと言えば、この極度とも言える心配性なのですが、誰かの役に立つ事があるのなら、これからも上手に付き合って自分の心として受け入れて大切にしていこうと思います。

 

ただし、極限に達して体調が悪くならない程度の心配の仕方に変わって行く様に少しずつですが、努力してみたいと思います。

もしか、心配性で悩んでいる方が居たら、自信を持って自分らしさだと思って堂々と生きて行ってください。

Posted by dobutu