世界恐慌の原因と景気が復活した理由

なぜ、世界恐慌が起きたのかを書いていきたいと思っています。

 

1920年代のアメリカの好景気の要因

1920年代のアメリカ経済では永遠の繁栄と呼ばれるほどの好景気でした。その要因は主に二つの要因がありました。

 

ヨーロッパの戦後復興需要

まず一つ目は、第一次世界大戦後の時に、ヨーロッパの戦後復興需要であります。戦争で疲弊をしていたヨーロッパに対して、アメリカでは戦場にならなかったために、その時からアメリカは世界経済の中心となりました。

 

 

都市化

そしてもう一つの要因では、国内における都市化です。自動車の普及によって、郊外にも都市がたくさん現れて、住宅がたくさん建てられ、それで、都市と都市を結ぶ道路網も整備されて、それが有効需要が生み出されて、自動車産業の追い風にもなりました。

こうして、1920年代の後半から、アメリカの株価と不動産はやがて投機の対象になり、やがてバブルとなりました。

そして、八百屋さんや運転手などの働く人もほんとんどの人が株を買いました。その当時の人々はバブルはまだまだ続くものと誰もが信じて、疑わなかったのです。

 

 

ニューヨーク証券取引所で株価が大暴落

そして1929年10月24日、ニューヨーク証券取引所で株価が大暴落し、ついにバブルがはじけました。これを暗黒の木曜日と言います。

株価は11月に入って、一旦、三分の一まで戻ったものの、1932年までの3年間にわたって、歴史上にはない、大暴落を続け、株価は最低でも80パーセント下落しました。

それに伴って、GNPは29年をピーク時の半分までに落ち込み、失業率は25パーセントに達しました。そして公定歩合も下げましたが、それでも株の暴落は止まりませんでした。

 

そして恐慌の対策として、アメリカは1930年に国産産業の保護を目的に、スムート=ホーリィ関税法を設立させ、約1000の輸入品に平均の40パーセントという関税をかけて、保護貿易をしました。

これに対して、カナダ、イギリス、フランスや他の国では報復措置に出て、関税引き上げ合戦が繰り広がれて、それをきっかけに世界貿易は縮小をしました。

 

イギリスでは、1932年にオワタ協定を結び、ブロック経済を実施しました。

アメリカとフランスはブロック経済を結成したため、それ以降、持てる国と持たざる国の対立が強まりました。

そして1933年に大統領が変わり、ルーズベルト大統領は恐慌対策として、ニューディール政策を実施し、アメリカ経済はそれ以上の悪化を食い止めることに成功をしました。

 

 

世界恐慌の原因

世界恐慌の原因が主に3つあります。

 

消費が

一つ目の原因はバブルではじけた人が株で大損したために、消費が極端に控えるようになり、なったためです。

 

金本位制度

二つ目はアメリカが金本位制度を取っていたためであります。金本位制は19世紀、イギリスから始まり、その後、豊かさの中心であるイギリスと取引したいために、世界中の人々がイギリスに習って、金本位制という通貨制度を採用されたものであります。

金本位制は、中央銀行は保有するお金に見合った量の紙幣しか発行されずにいたために、不景気になっても金融マネーサプライを増やすという緩和政策を実施することができなかったことあったためであります。

 

それどころか、1931年にいち早く金本位制を停止したイギリスでは、輸出競争力をつけるために、為替レートを引き下げ、金食い政策を行ったのが理由であります。

そのためアメリカから大量のお金が流出しアメリカはマネーサプライを減らさざる得なくなったのです。

アメリカは金本位制度を停止したのは、1933年のルーズベルト大統領になってからであります。

 

 

国際経済制度の不備

3つ目の原因は国際経済制度にたくさんの不備があったためです。

それは不況に直面した先進資本主義国は為替切り下げ競争やブロック経済を実施したのが原因であり、自国の輸出を伸ばし、自国の景気さえ良くなればという勝手な考えであって、その原因で世界貿易は一気に縮小し、第二次世界大戦の引き換えびなった原因にもなりました。

世界恐慌の傷口を広がってしまった理由はフーバー大統領が均衡予算主義者であったために、積極的な財政政策を展開しなかったためです。

 

世界恐慌から学んだことでは、第二次世界大戦後、世界から恐慌は消えましたが、2008年のサブプライムローン問題に端を発する世界同時不況では100年に一度の不況と形容され、世界は恐慌までには至っていません。

 

 

世界恐慌がなくなった、復活した理由

なぜ世界から恐慌が消えてのは、次の通りです。

 

ケインズの有効需要管理政策

一つ目はケインズの有効需要管理政策という不況に対する治療法が発見されたためです。その理由は、不況になると財政政策が発動され、不況が深刻化される前に適切な対策がされるためであります。

 

 

管理通貨制度に

そして2つ目は、第二次世界大戦後、金本位制から管理通貨制度に変わったため景気の状況に合わせて、自由にマネーサプライを調整できるようになったためであります。

 

 

国際協調制

三つ目は第二次世界大戦後、IMF、GATT(WHO)が作られたため、国際協調制が定着したたためであります。G8やサミットなどでもその役割はとても大きいです。

歴史にもしということは許されないことですが、もし恐慌がなけれどいつのヒトラーは現れず、第二次世界大戦も起こらなかった可能性もあるかもしれないです。

そのような考えると、恐慌というのは人類によって最大の課題の一つだと思われます。

Posted by dobutu