追い出し部屋の実態は?大企業でもあるの?

2018年9月12日

大企業でもある追い出し部屋の実態について紹介します。

 

大企業でもある追い出し部屋の実態

リストラするにもお金がかかる場合に追い出し部屋へ

日本には様々な企業が増えてきた中で、浮彫になってきているのがブラック企業です。規定労働時間以上の勤務が当たり前で、給料も安くボーナスや福利厚生が破たんしている企業です。

そういった会社は、ベンチャー企業や中小だけではなく、大企業にも多く存在することを念頭に置いておいたほうが良いです。

 

中には、追い出し部屋を作っている企業も存在しています。追い出し部屋とは、人事考課をしたときに、あまりにも出来の悪い社員で会社に貢献していない人だけを集めた部署です。

当然、自分のスキルやキャリアに見合った仕事をさせることはできませんし、会社に対して貢献するようなこともさせません。

 

リストラをするにしても、お金がかかるこのご時世で、自主退職を進めるために追い出し部屋に異動することがあるのです。

会社によって制度は変わってきますが、正社員を容易に解雇できない立場にある場合や、退職金支払いを免除するためにこの制度をとっているのです。

 

 

何も仕事ができない人が行き着く先が追い出し部屋

追い出し部屋では、本当に何も仕事ができない人が集まっている部屋といってもよいでしょう。とはいえ、会社に貢献していないという理由で、社員を不当に解雇してしまうと罪に問われてしまうのです。

そうなった時に、自主退職を考えさせるというために、追い出し部屋が作られたのです。

 

仕事ができないといっても、常にミスばかりをしてしまったり、大きな仕事を水の泡にさせたりしない限りは追い出し部屋に行くことはありません。

過去に、窓際族という言葉が流行しました。リストラ間際になると、窓際の方に移動させられ、普段の業務とは関係ない業務をさせられるということです。

 

それが、部屋になったのが追い出し部屋と考えてもよいでしょう。

犯罪すれすれと言われていますが、会社にとっては正社員として雇っており、部署移動させただけなので、特に問題はないというのが現状です。

 

 

一日中する仕事は殆どない

追い出し部屋では、自分のスキルやキャリアに関係ない仕事を割り振られてしまいます。某大手教育塾の追い出し部屋では、一日中折り込みチラシを作成するという業務をやらされることもあるのです。

こういう仕事は通常、パートやアルバイトに任せる仕事ですが、追い出し部屋でさせることによって、精神的苦痛を与えるというわけです。

 

勉強していい大学に入り、やっとの思いで大企業に就職したのにも関わらず、全く別の仕事をさせられるとなると、相当精神的に来るものがあるでしょう。

一日中することがないというのもそうですが、単調な作業ばかりを続けていると、やっていることはパートやアルバイトと変わりません。

 

しかし、正社員なので給料はアルバイトやパートよりも貰えていますし、単純に精神的なストレスの負担がかかるだけなのです。

その時点で妥協している人は、一生追い出し部屋から抜け出すことができずに、自分のスキルやキャリアに見合った仕事は降られなくなるでしょう。

仮にも、そこで退職してしまった場合は、会社の思うツボであり、会社の理想通りになってしまうのです。

 

 

追い出し部屋の対策方法

単調な作業が好きなら楽

追い出し部屋での仕事内容は、基本的には単調的な作業をすることになります。行うといっても、ただの梱包やメール送付程度であり、ほとんどアルバイトと変わりません。

このように、単調な作業が好きな人にとっては、かなり優秀な部署といってもよいでしょう。

 

とはいえ、自主退職に追い込まれて異動になるということを知っているなら、相当のストレスがかかるでしょう。自分自身で妥協して、追い出し部屋でやっていけるという決意があるなら、楽といえます。

しかし、プライドの問題でプライドが傷つくという人にとっては、辛いといっても良いでしょう。

 

 

ビジネスマンとしてのスキルをもう一度確認する

追い出し部屋に入って、脱出したいと思っているなら、ビジネスマンとしてのスキルを一度確認することが重要です。それなりなことがない限りは、異動することもありませんし、見つめなおして何がダメなのかを気づくべきなのです。

仮にも、自分の無能さが原因なのであれば、転職を考えるというのもよいでしょう。

ビジネスマンとしてスキルアップしたいと思っているなら、いつまでも追い出し部屋にいるのではなく、転職したほうが楽なのです。

 

ほうれんそうをしっかり実行する

追い出し部屋に入らないためには、仕事のほうれんそうをしっかり実行しておくとよいでしょう。何をするにしても、上司には報告、連絡、相談を第一に考えなければなりません。

報告しなければ、勝手に業務を進めてミスをする可能性がありますし、連絡がなければ、新しい仕事を振ろうにも触れなくなります。

相談がなければ、本当にやっている仕事が適切かどうかが判断できないのです。上司に判断をゆだねることができるのなら、ほうれんそうをしっかり実行するべきなのです。

Posted by dobutu