日本人が外国人とコミュニケーションを上手にとるには?

外国人の人と話をしたりコミュニケーションを取りたいと思っていても、障害となってくるのは言葉です。言葉がうまく話せないことで相手とうまく意見交換できなかったり、仲良くなれないこともあるものです。

特に日本人は初対面の人に気軽にあいさつしたり話をしたりすることができなかったり、また初対面の人に気軽に声をかけたり挨拶することは失礼だと思ってしまうこともあるものです。

 

日本人が外国人とコミュニケーションを上手にとるには?

日本人の態度や仕草は習慣や文化が影響している

日本人でも積極的な人はいますが、こうした内向的な性格の人が多いというのは、日本人の生活習慣や文化が影響いているとも言えるでしょう。

誰かに何かをするときは相手に失礼がないかということをまず先に考えたり、失礼にならないかを優先させてしまうというのは、日本人のおもてなしの文化に元ずいているとも思われ、それが普段の態度や仕草に影響しているとも言えるでしょう。

 

笑う時は手を口に添えたり、お辞儀をしたりといった仕草が自然にできるのは、日本人だからだとも言えるものです。

大胆に自分の感情を表現するアメリカ人などと日本人が大きく異なって思えるのは、いろんな人種がいて、いろんな文化か混ざっている多民族国家であるアメリカだからとも言えるでしょう。

 

日本は島国ですから、外国人が増えたといっても、アメリカなどに比べればまだまだわずかです。日本人ならではの奥ゆかしさが仕草に現れるのは、日本の良さでもあります。

ネットが普及していろいろな人との交流が増えて、徐々に日本人ならではの仕草というのは失われつつありますが、それでも日本人ならではの仕草というのは日本らしさを感じることができるものです。

 

 

仕草で感情を表すこともできる

言葉が分からない人と話す時、便利なのがジェスチャーや仕草です。

相手の顔色や場の空気を伺いながら人の気持ちを読み取っていくというのはとても大事なことですが、人の心というのはわかりにくいものですし、また自分で勝手に勘違いしたり思い込みにならないようにするためにも、相手にハッキリと伝えてもらったり仕草を利用して自分の気持ちを伝えるということはとても大事なものです。

 

大袈裟なジェスチャーをしている人を見れば、言葉はわからなくてもその人が怒っているのか、悲しんでいるのかというのが分かるものです。

ですから外国に行く予定がある人や、外国人の友達がいるような時は、分かりやすい仕草というのを考えておくと良いです。仕草だけでは細かい感情や微妙な感情まではわからないものですが、ストレートに伝えることというのはできるものです。

 

 

行動と心理のつながり

誰かが声に出して言えば、それほどその時の状況がわかりやすいということはないですが、周囲に迷惑をかけたくないということで怒りたくてもそのまま黙ってしまったり、感情を抑えることというのはあるものです。

ですが、何も言わなくても心理状況というのは行動から分かることが多いものです。

 

いつもよりも粗い言葉で話していたり、すぐにイライラしたり物に当たってしまうような態度であれば、その行動からものすごく怒っているということが分かるものです。

また、いつもはキビキビと動いているのに、全然に行動切れがなかったり、ボーっとしているようであれば、何か悩み事を抱えているか、体調不良を疑うことができます。

 

こうした行動からも人の心理というのはわかりますし、行動と心理というのはつながっているのだということができるでしょう。

ですが、感情を表に出すのが苦手だという人もいるので、そういった人は周りが気を利かせてわかってあげなければいけないということもあります。

 

子供はすぐに感情を外に出しますからどういった気分でいるのかはすぐにわかるということもありますが、大人になるとそういったすぐに感情がわかる人というのは恥ずかしくもあるので、心理が行動に表れにくいということもあります。

ですから大人ほどいつもと微妙に違う、ということを見ていかなければならないでしょう。

 

 

ビジネスでは感情的にならず冷静に

普段はすぐに感情が外に出てしまうような人も、ビジネスでは抑えるようにする、ということもあるものです。

ビジネスは人と人とのつながりだといっても遊びではなく仕事ですから、自分の発した言葉一つで仕事がうまくいかなかったり、失敗してしまったりということもあるものです。

 

ですから自分の立ち場が上であればあるほど、そういった感情を隠し、うまく話をする技術というのは必要にもなってくるでしょう。

また、自分の心理だけでなく仕事に関係するみんなの心理というのも考えなければいけないものです。自分の心理だけを大事にしていれば自己中心な人だとも思われてしまいますし、人が離れていってしまうようなこともあるものです。

ですからそうならないようにするためにもビジネスでは冷静に人の心理を探るということが重要にもなってくるでしょう。急にできることではないので、普段から人の気持ちを気遣うようにすることが大事です。

Posted by dobutu