逆流性食道炎と胃食道逆流症の原因や症状

胃食道逆流症は胃酸や十二指腸液が逆流して食道が炎症を起こしてしまう病気です。胃酸が逆流することなんて嘔吐の時くらいしかありません。それが頻繁に起こってしまうなんて考えたくもありませんよね。胃食道逆流症、逆流性食道炎、非びらん性逆流症について紹介します。

 

逆流性食道炎の症状は?

胃酸は食べたものを腸に運ぶために食べ物を強い酸で細かくしてペースト状にする役割があります。強い酸なのに胃が溶けないのは酸に強い粘膜で覆われているからです。

食道は酸に強い粘膜で覆われていないので炎症を起こし傷ついてしまいます。具体的な症状は、

 

嘔吐

 

 

胸やけ

あの気持ち悪い感じですね。特に横になった時やかかんだ時に感じることが多いです。胃酸を抑えるための薬を飲んでも一時的にしか治りません。起床してすぐに胸やけすることもあります。

 

 

胃酸が逆流する

「ゲップ」が出そうででないような感じですね。嘔吐する一歩手前みたいな感じです。横になった時やかかんだ時に胃酸が逆流して苦い何かが口に広がります。

 

 

胸の痛みや不快感

呼吸に合わせて胸がズキズキ痛みます。胸がむかつく感じで不快感を感じます。何かが引っかかってる感じもあるみたいです。

 

 

食欲がなくなる

こんな状態で食欲が止まらなくなる人はいないでしょう。気持ち悪くて吐きそうなのに。食べ物を食べるたびに痛くなり、しまいには唾を飲むだけで痛みが走るようになります。

胸と同じく喉に何かが引っかかってる感じがあるみたいです。喉にものが通らなくなり、全く飲み込めなくなることもあります。

 

 

逆流性食道炎の原因は?

嘔吐するのが好きな人なんていないと思います。いないと信じたい。私はこんな恐ろしい症状が起こるくらいなら予防します。逆流性食道炎になってしまう原因は、

 

過度のストレス

ストレスは自信が感じるものではなく、体が感じるものなのでこまめにストレスを発散しましょう。ストレスは食道の働きを弱くする。

 

タバコ、酒

タバコは、酒は逆流性食道炎の発生を促進します。逆流性食道炎になる前、なった後も控えた方が良いです。お酒は適量なら良いと思います。タバコは百害あって一利なしです。

 

暴飲暴食

甘いものや脂肪が多いものは胃酸がたくさん出て、逆流しやすくしてしまいます。カフェインや刺激物、アルコールなどを控え、胃に優しい野菜などを中心とした食生活が効果的な予防になります。

 

肥満、高齢者、便秘、姿勢が悪い方

年をとってくると逆流するのを防ぐ筋肉が弱ってくるので高齢者に多く見られます。肥満気味の方は運動して肥満を解消しましょう。

 

ベルト、コルセットなどをきつく締めすぎている方

おなか回りを締め付けるのはやめましょう。

 

 

胃食道逆流症

胃酸や胃の中の内容物が食道に上がってくることによって引き起こされる病気です。胃酸が胃の中にはたくさんあって、胃は胃酸で溶けない粘膜で覆われています。

胃酸が食道に上がってくると、胃酸から守る粘膜が食道にはなく、びらんや炎症など起こしたりします。

 

胃食道逆流症には2つのタイプがあります。1つは、びらんや炎症と症状があるタイプです。そのような場合、逆流性食道炎になります。

食道に炎症がない場合は症状だけのタイプです。そのような場合は、非びらん性逆流症という病気になります。

 

内視鏡で診断して炎症などがない場合は、今までは異常なしと判断されることが多かったのですが、症状が週に1回以上する方は非びらん性逆流症と診断されるようになりました。症状は2つとも似ています。

胃食道逆流症は生活習慣が非常に影響すると言われています。逆流性食道炎は、年齢、性別、体型はそんなに関係はありませんが、中高年の太った方は注意が必要です。

非びらん性逆流症は、若い方がなりやすく、痩せている女性がなりやすくなっています。ストレスを溜めこむような人は注意が必要です。

 

 

胃食道逆流症の原因

下部食道括約筋のゆるみ

下部食道括約筋というのは、食道と胃の境目にある筋肉で、胃に入ったものや胃酸を逆流しないように締める役割があります。

この括約筋が何らかの理由でゆるくなって逆流が生じてしまいます。ゆるむ原因というのは、食べ過ぎや脂肪の摂り過ぎ、腹圧(肥満、妊婦)です。脂肪を摂りすぎると括約筋をゆるめるようなホルモンが分泌されます。

 

胃酸過多

胃の中にある胃酸が多いほどゆるんだ時にあがってくる酸が多いということです。胃酸というのは食べ物や体重と関係していています。

タンパク質や肉などを食べると、三の分泌を刺激するので胃酸過多になりやすくなっています。体重が多い戸井さんが増えるので胃酸過多になりやすくなります。

 

食道の知覚過敏

全く胸やけがない方でも胃酸が上にあがってくることがあります。それはあまり感じないものなのですが、それを敏感に感じるようになることが知覚過敏です。

これは特にストレスと関係しています。この3つとも生活のスタイルやストレスに関係しています。

 

 

胃食道逆流症の症状

胸やけと呑酸(すっぱいものがあがる)が多い症状で、他に胃もたれ、吐き気、喉の不快感などがあります。

飲み過ぎ、食べ過ぎで胸やけしたんだろうと放っておく方がいらっしゃいますが、生活の質に大きく影響しますので、できるだけ治療を受けて悪化させないようにしましょう。

 

 

胃食道逆流症の治療法

プロトンポンプ阻害薬をまず使用します。胃酸の分泌を抑え、量を下げてくれる薬です。他にストレスコントロール(抗不安薬)や食生活の見直し(食べ過ぎ、食べた後すぐに横にならない、早食いをしない)などがあります。

Posted by dobutu