眼瞼下垂の症状・手術|手術しない方が良い場合とは?

眼けん下垂というのは上のまぶたが下がってっしまう病気。症状や手術について紹介します。

 

この病気は茶目のあたりまでまぶたが閉じてしまい、片方の目だけ開いていないということもあります(もちろん両目の場合もあります)。

 

眼けん下垂の症状

出典:美容整形の高須クリニック

  • 、となっています。

高齢者に多い病気となっています。

 

主な原因は上まぶたの筋肉や腱膜です。上まぶたは眼けん挙筋という筋肉で持ち上げています。この眼けん挙筋とまぶたをつないでいるのが挙筋腱膜です。

最も多い原因となるのがこの腱膜が薄くなって伸びてしまうことです。加齢現象で起こってしまうので誰でもなってしまう可能性はあります。

 

人によって程度は様々なので必ずなる訳ではありません。ハードコンタクトレンズを長年使用している方は早く起こりやすくなっています。

目を閉じたりすると腱膜とハードコンタクトレンズが当たって腱膜を薄くしてしまいます。そして、目をよくこする人も早く起こりやすくなっています。

目をこすると外側から腱膜を薄くしてしまうので眼けん下垂になりやすくなります。

眼けん挙筋が弱ってきたり、支配している神経の働きが悪い場合も眼けん下垂担ってしまう原因となります。

生まれつきなっている人は非常に多く、片方の眼だけ症状が出ることが多くなっています。なので生後すぐに気付かれる方が多いです。

 

眼をぱっちり開けるためまぶたに貼るテープや接着剤を使っている方もいます。クラッチメガネといってメガネに松葉杖のような役割をしているものがついていて、それがまぶたを支える役割を果たします。

重症の人でも使用でき、眼鏡屋に行けばつけることができます。

 

症状がひどく生活に支障をきたすようであれば眼科を受診して手術を行う場合があります。ただしすぐに悪化する病気ではないので急いで行わなければいけない訳ではありません。

患者の意思や時期をじっくり考えることができます。

 

 

眼けん下垂の手術方法

腱膜縫縮手術

伸びてしまった腱膜をまぶたから(まぶたの裏からも可)切って繋ぎ止める手術です。二重まぶたの部分を切るので傷跡はあまり目立たなくきにする必要はありません。

 

 

前頭筋つり上げ術

筋肉が弱っている場合は前頭金(おでこの筋肉)を利用したつり上げ術を行います。眉毛の上とまつげの上の2箇所を切開して、その間に人口の膜などを通して前頭筋とまぶたを縫い合わせる手術です。

あまり大きな手術ではないので保険も適用となっています。日帰りから2泊程度の入院で行うことができます。

 

 

眼けん下垂の手術をしない方が良い場合

筋無力症

この病気は自分の体の中にある抗体というのが筋肉の動きを悪くする病気なので、まぶたの手術をしても必ず良くなるということではありません。

普通の人はこれを見極めることが難しいと思います。

 

しかし、筋無力症による眼けん下垂の人には特徴があって、朝は正常なのに夜になるとまぶたが下がってしまうといった日内変動が大きいということです。

しかもこの眼けん下垂を放置すると進行して筋無力症が全身に広がってしまうこともあります。必ず早い受診を眼科や神経内科でして下さい。

治療はステロイド薬を投与します。全身に広がるのを防ぎ、症状も改善します。

 

 

脳卒中や糖尿病

脳卒中や糖尿病による眼けん下垂というのもあります。眼を動かす神経が麻痺することによって眼けん下垂が起こります。

特徴としてはある日突然起こります。普通の眼けん下垂は徐々に起こってくるので違いがわかりやすいです。

この眼けん下垂は脳神経外科や内科を受診してください。原因となる病気の治療を行います。

 

 

眼けん痙攣

光が眩しく感じるのでおもわず眼を細めてしまう病気なので、眼けん下垂と間違われてしまいやすいんです。

明らかに違う特徴があって、眼けん下垂は眉毛が眼と離れてしまいますが、眼けん痙攣は眼を細めるので少ししかめっ面のようになってしまいます。眉毛の位置で判断することができます。

 

 

ボツリヌス療法といって、ボツリヌスが作り出す毒素を薄くして、上まぶたと下まぶたに注射する治療法です。毒素を注射することによって筋肉を麻痺させます。

疲れることから始まることが多い眼けん下垂なので、おかしいと感じたら医療機関を受診しましょう。

Posted by dobutu