チョコレートの健康効果|疲労回復・病気の予防・リラックス

チョコレートは4000年前は薬として使用されていたと言われています。

今のチョコとは違って甘くなく苦かったようで、疲労回復や長寿のために使われていたようです。チョコレートと健康について紹介します。

 

 

現在の甘いチョコも薬とまではいきませんが、頭が働くようになるなどメリットが結構あります。

逆に女性などはカロリーや糖分を気にしてしまうのでデメリットにもなってしまいますよね。

 

チョコレートを食べるうえでメリットとデメリットを知っておくことでチョコレートライフをより楽しめると思います。

なのでチョコレートの良い所と良くない所を挙げていきたいと思います。

 

 

チョコレートの健康面での良い所(メリット)

高血圧予防

カカオの多いダークチョコレートには高血圧の予防があります。

高血圧は生活習慣病の1つで、脳卒中や心筋梗塞、動脈硬化、くも膜下出血などの病気の引き金になり、日本に3000万人以上の方が悩まされています。

 

上記の病気以外でも頭痛や吐き気、めまい、動機などの症状があります。

高血圧の原因は、塩分の摂取量、運動不足、肥満、過度の飲酒、不規則な生活などで、これらを我慢すれば良くなるとは思いますが、なかなかやめたくてもやめれない方が多いと思います。

 

チョコレートは硬くなった血管を柔らかくし、血管を若返らせてくれます。ただし医学的に効果が得られると証明されているのはダークチョコレートだけです。

ダークチョコレートはカカオが多く含まれていて、ココアなども含まれているので効果的です。

 

1度にたくさん食べ過ぎず、1日かけてちょっとずつ食べるのが良いようです。目安は1日に板チョコを3分の2くらい食べるのが良いです。

板チョコ3分の2を1日かけて食べていくのが効果が1番得られます。血圧を気にされてる方はチョコレートを適度に食べましょう。

 

 

記憶力を高める

チョコレートは集中力や記憶力を高める効果があります。チョコレートは脳を活性化したり、スッキリさせてくれる成分が含まれています。

成分はブドウ糖やビタミンなどのミネラル、テオブロミン、香り成分などですね。ミルクチョコレートなどがお勧めですがカロリーなどを気にされる方はビターチョコレートがお勧めです。

 

食前にチョコレートを食べると肥満の予防になる。

食べ過ぎはもちろんよくないが、血糖値がすぐに上がるので、食前に食べることによって食欲が抑えられ肥満の予防になります。

 

あとカカオには極端な体重増加を抑える効果があるようです。

ストレスを和らげる成分が多く含まれているため、ダイエットなどのストレスも軽減できます。チョコのレートの種類はカロリーが少なめなビターチョコレートなどが良いですね。

 

 

リラックス効果

リラックスさせる成分が含まれていて、化学的には精神安定剤と同じような効果が期待できるようです。

お酒が入っているチョコレートは血行を良くする効果もあってとてもリラックス効果があります。

精神安定剤と同じ効果が得られるといっても、抗うつ剤などの代わりにはならないのでそこは勘違いしてはいけません。

 

 

歯周病の予防

歯周病は歯周病菌が歯茎に炎症を起こし、歯の周りの組織を破壊していく病気です。チョコレートはその菌の殺菌効果があるので歯周病の予防になります。

 

 

チョコレートの健康面で良くない所(デメリット)

太る

わかってると思いますがチョコレートはカロリーが多いのでを食べ過ぎると太ります。適度に食べる分はメリットがあります。

 

 

血栓症を引き起こす

血栓症とは血管内や心臓内に凝結ができ、呼吸困難や胸の痛み、手足のしびれなどの症状があります。チョコレートに含まれる飽和脂肪酸やステアリン酸が原因です。

チョコレートは適度にとるのが1番ですね。摂りすぎると病気の引き金にもなってしまうので摂り過ぎには注意しましょう。

Posted by dobutu